ベルギーの2ユーロ記念硬貨:女性蔑視、国際関係、良い意図、欧州理事会の監視。文化遺産はほとんどない

ベルギーユーロ硬貨の表側にはすべてベルギー国王の肖像が描かれているため、2ユーロ記念硬貨はベルギーの国民性を表す唯一の貨幣的手段である。ベルギー王国はこれまでに30枚の記念硬貨を鋳造しているが、そのうち5枚はユーロ圏のすべての国に共通するものであり、ここでは分析しない。このため、異なる基準で分析できる硬貨は25枚となる。

  • ベルギーの2ユーロ記念硬貨に描かれている女性はほとんどいない。
  • 記念硬貨の鋳造を担当する当局の選択は、歴史や過去によって形成された国家のアイデンティティよりも、むしろ道徳的価値や善良な感情を強調することであった。

さらに、ベルギー王国の記念硬貨プロジェクトに対して、欧州理事会のメンバーが反対した例は少なくとも2つ知られており、1つはテーマ別で、もう1つは硬貨のデザインと伝説に関するものである。

(Pour en savoir plus, c’est par ici) (For more information, see this blog entry)


Publié le
Catégorisé comme 日本語

Par Alexis D'Hautcourt

Professeur, Université des Langues Étrangères du Kansai (関西外国語大学, Kansai Gaidai University)

Laisser un commentaire

Votre adresse e-mail ne sera pas publiée.

Ce site utilise Akismet pour réduire les indésirables. En savoir plus sur comment les données de vos commentaires sont utilisées.

Rechercher dans OpenEdition Search

Vous allez être redirigé vers OpenEdition Search