欧州中央銀行のジェンダー

2022年、欧州中央銀行の執行委員会は、6人のメンバーの中で2人が女性がいます。これは、欧州中央銀行の歴史の中で最も多い女性の数であり、中央銀行における女性の代表権に関して積極的な政策を持っていると思われるクリスティーヌ・ラガルドの大統領就任に対応するものです。一方、ユーロ圏加盟国の国営銀行を代表する他の20人の総務理事会メンバーは、全員男性です。したがって、EUが掲げる男女平等の理想とは全く相反する女性差別の状況にあるのです。

“誰かが説教を実践していない”1

総務会の男性構成とユーロ通貨における女性の存在感の低さに直接の関係はありませんが、99%が男性で構成されるグループがユーロにおけるジェンダー代表の問題に注意を払っていなかったと推測されます。

(Pour en savoir plus, c’est par ici) (For more information, see this blog entry)



Citer ce billet
Alexis D'Hautcourt (2023, 23 février). 欧州中央銀行のジェンダー. Faces d'identité. Consulté le 19 juin 2024, à l’adresse https://doi.org/10.58079/olzo

  1. 欧州議会議員 シェラフ・ロバーツ氏の言葉。 []
Publié le
Catégorisé comme 日本語

Par Alexis D'Hautcourt

Professeur, Université des Langues Étrangères du Kansai (関西外国語大学, Kansai Gaidai University)

Laisser un commentaire

Votre adresse e-mail ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

Ce site utilise Akismet pour réduire les indésirables. En savoir plus sur comment les données de vos commentaires sont utilisées.

Rechercher dans OpenEdition Search

Vous allez être redirigé vers OpenEdition Search